東京住建と人気の戸建て住宅

数多くの建築会社がある中で、どの会社に自宅の建設を頼んだら良いか。また、何を基準に建築会社を選んだら良いか。それぞれの会社の特徴を知らないと、なかなか建築会社を選ぶことはできません。そこで今回は、建築会社のひとつである東京住建について紹介します。

家を建築する


東京住建で家を建てる時には、注文住宅か次世代の分譲住宅といわれるジオステージのどちらかがおすすめです。東京住建では、魅力的な住宅を建てることができます。ホームページからアクセスすると、Web内覧が実施されています。それぞれの個性あふれる魅力的な施工直後の建物を確認できますよ。まだ、家具なども入れていないため、建築を検討する際の資料としては最適です。Web内覧ですので、好きな時間に好きなだけ確認することができます。家主や企業の担当者と話す必要もないので、煩わしさを感じることもありません。現地での内覧会とは違って、いつでも好きなだけ参加できるのも魅力ですね。

次世代の分譲住宅と注文住宅


東京住建で家を建築する際には、あらかじめ建築するための用地が必要です。その土地にピッタリ合う家を建てることを一緒に考えてくれます。まず、ジオステージという次世代型の分譲住宅では、土地が見つかったら、販売代理店から申し込みが必要です。その後、東京住建または販売代理店より、建築プランが示されます。ファーストプランを示された後でも改良を重ねることができます。こちらには、設計図のたたき台が用意されていますので、基本的な構造はそのままなので、住宅設備をお好きなようにカスタマイズできるのが特徴です。

また、注文住宅では、家ごとに設計やデザインが異なります。建てる土地に応じた変化を楽しめるのが注文住宅の良さなのではないでしょうか。解放感がある伸び伸びとしたリビングや落ち着きがある寝室など、各部屋の印象も様々です。こちらもファーストヒアリングを細かく実施することにより、思うがままの住宅を手に入れることができます。着工後には3回の現場立ち合いが実施されます。1回目は、家の形が見てきたころに行われます。家の構造の説明や電気の配線状況を確認します。基礎的な部分では、なくてはならないものです。2回目は、家の完成直前に行われるもので、建物はほぼ完成していますが、玄関周りや外溝工事などの付随工事が行われている最中です。およその出来栄えを確認していただくことになります。3回目は、完成したものの不具合がないことを確認して、引き渡しを日が決まります。これにより、建築中の確認作業は終了です。

安心できる建築会社


このように、丁寧に建築された住宅は、依頼主へと所有が引き継がれていきます。ここからも、東京住建では安心のサポートがあります。完成後に1年5年10年と行われる建物点検です。トラブルや心配事をいち早く発見することができるので、大変好評です。また、構造部分の瑕疵への保証を10年間設定されていますので、安心して居住することができますね。