東京住建が東久留米時代から培っている強み

理想の家は人それぞれですが「理想の家を建てることの出来る住宅会社」というのは限られています。何故なら、会社というのは経済活動に参加しているためどうしても利益を得なければいけません。しかし、利益ばかりに目が眩んでしまっている会社には理想の家を建てるという精神が備わっていません。そのため、どのような会社に家づくりを託すのかが重要となっているのです。

分譲住宅の性能


東久留米時代からの実績やノウハウを生かして開発されたのが東京住建の分譲住宅「ジオ・ステージ」です。こちらは分譲住宅でありながらセミオーダーシステムを採用しているため、住宅設備やエクステリアなどを自分の好みの場所に配置することが出来ます。そのため、コストパフォーマンスばかりが注目されがちな分譲住宅でも自分だけの暮らし心地を追求することが可能なのです。

また、その性能も忘れてはいけません。通気性には基礎パッキン工法と外通気構造を取り入れているため、住宅設備の重大な変質を招くとされる湿気の滞留を防ぐことが出来ます。さらに、それだけではなく従来の通気工法のように基礎に穴を開けることがありません。そのため住宅の堅牢性も保つことが出来るのです。

保証制度


住宅において安全性というのは何よりも重視しなければいけないポイントのひとつです。ことさら日本は自然災害が多い国であるため無視することは出来ません。2011年の東日本大震災からさらに高まった地震への意識だけでなく、近年続く異常気象による災害にも気を配る必要があります。そのため、万が一何か起こったときの保証はもちろんのこと、その住宅の安全性がしっかりと確認できるということが重要になっているのです。

東京住建は保証制度に「地盤保証」と「瑕疵保証保険」の両方を扱っています。こちらはどちらも第三者の期間がそれぞれ厳しい調査や解析、検査などを行い、それに基づいて保証が認定されます。自然災害などで保証が受けられることはもちろんのこと、安全性をこのようにチェックしているということの証明にもなるため、ユーザーに安心感を与えています。

商品開発力と安心感


東京住建は東久留米という地方の工務店から今の地位を獲得しています。ジオ・ステージのような優秀な商品を生み出す開発力がその原動力とも言われているのです。ジオ・ステージはセミオーダーシステムの分譲住宅という強みだけでなく高い住宅性能も注目されています。通気性には基礎パッキン工法と外通気構造が使われているため住宅の安全性も保たれるのです。

また、安全性といえば東久留米時代から東京住建がこだわり続けてきたポイントでもあります。保証制度が「地盤保証」と「瑕疵保証保険」の2つを取り扱っていることがそれを物語っています。これらの保証は厳しい検査に合格しなければ受けることが出来ない認定となっており、安心と安全を一戸建て住宅に求めるというユーザーならば無視の出来ない制度となっています。

東京住建 口コミ (@tokyojuken_k) | Twitter